嵐山散歩。初めて渡月橋を渡って散歩したらルフィがいっぱいいた

9:05 渡月橋スタート。日曜なので人多い。

いつものやつ
いつもと違うアングル

山のほうが白く染まってました。

看板

渡月橋のライトは優しいらしい。

工事現場のルフィ

今日は渡月橋渡って散歩してみようかと思います。(初めて)

ルフィは「入っちゃえ」って言ってそう。けど、入ってはいけないらしい。

いっぱいルフィ

いっぱいいました。なんかきもい。

渡月橋を渡って左に曲がり、10分くらいずっとまっすぐ行くと嵐山公園亀山地区があった。

朝からこの階段ちょっとつらい。

朝はただの物体

花灯路の作品。また夜に見に行こうと思ったけど、今日までだった。今日の夜行くしかないか。

ダイナミックないけばな

こちらも花灯路の作品。松ぼっくりでかい。

角倉了以の銅像

保津川を開削した角倉了以(すみのくらりょうい)さんの銅像。この人がいなかったら今の渡月橋からの景色はないんだろうな。感謝。

野生の猿がいるらしい

標識がかわいいからあんまり危機感ない。

柿がなってました

こういうのを取りに野生の猿が来るってことか。猿蟹合戦思い出した。

きっとこれが最初に作られた看板

黒文字じゃダメだ!ってなって、さっきの赤文字の看板ができたんだろうな。

盛り塩

道端に塩が盛られていました。夜行くの怖くなった。

ちょっと無理して撮った一枚

温泉湧いてそうな岩場があった。

歴史を感じる落書き

”デェオネ” ”ディディネ” …?海外の女の子の落書きっていう感じがする。

didineは「ドードー(鳥)の」っていう意味らしいです。

写真じゃ伝えられない大きさ

襲ってきたら負けそうなサイズの鳥がいました。でかい。

と、15分ほど嵐山公園を満喫。次はもっと奥にある展望台辺りまで行きたいと思います。

またいたルフィ

帰り道にも満面の笑みで迎えてくれました。夢に出てきそう。

人が増えてきた

渡月橋にも人が増えてきました。ので今日はもう帰りたい。となった時に撮った一枚。

9:45 渡月橋

9:45渡月橋着。日曜日に渡月橋渡って右京区の方行くもんじゃないなと思いました。

今度行くときは平日にします。

今日歩いたルートはこちら

ギリギリ2キロ行かず。お腹減ったので帰っておにぎり0.7個だけ食べる。

この記事を書いた人

のぐち

和歌山大学を休学して京都に1年間だけすんでます。21歳です。若さしか取り柄がありません。