マルシェ大原野で春を感じてきました

昔ながらの田園風景が広がる、
西京区大原野。

そんな大原野の新鮮な農産物や
加工品がずらりと並ぶ
「マルシェ大原野」に行ってきました。

まず目に入ったのは、
春の味覚ふきのとう。

「どうやって食べたら美味しい?」
「そうやね、やっぱ天ぷらかな」

そんなお客さんとのやり取りも
直売所ならでは。

そう、春といえば菜の花も。
もし収穫しかなったら、
小さなきいろの花を咲かせるけど、
咲いちゃう前に食べてしまう。
だからこそちょっと特別に感じる。
気がする。

今日は「マルシェ大原野」にクロスケさんのいちごはなかったそうです。

「今日はいちごないの?」
「今日はいちごないのよー」

いちごがなくて、
残念そうなお客さんもちらほら。
そんな会話を聞いていると
自分もいちごが食べたくなってくる。



あまりみかけない、
こんな野菜も。
ロマネスコと言って
カリフラワーの一種らしいです。


うーん、、、
見れば見るほどなんだか不思議。
食べたことがないので、
次行ったときにあったら買ってみよう。


記事を書いていると
春の味覚が食べたくなってきました。
それにしても、
食で季節を感じるっていいですね。



次の開催は、2月6日 (土)
9:00~12:00 (売り切れ次第終了)

開催場所:〒610-1132 京都府京都市西京区大原野灰方町448-1

お問合せや、お知らせ等はFacebookをご覧ください

今回歩いた歩数は、1075トコト。
計測を始めてから、 累計11425トコト歩きました。

※1トコト=1歩

この記事を書いた人

のぐち

和歌山大学を休学して京都に1年間だけすんでます。21歳です。若さしか取り柄がありません。